トンネル点検.com by ジオメンテナンス株式会社 | 地中レーダー探査、目視調査、打音調査などトンネル点検のスペシャリスト。最先端技術とノウハウで多様な調査ニーズに迅速に対応。 | 千葉県習志野市

トンネル点検.com by ジオメンテナンス株式会社 | トンネル点検、地中レーダー探査、目視調査、打音調査、穿孔調査などトンネル調査のスペシャリスト、千葉県習志野市のジオメンテナンス。最先端の調査技術と数多くの実績に基づくノウハウで、あらゆる調査ニーズに迅速に応えます。

文字の大きさ
トンネル点検査 近年、40~50年前の高度成長期に施工されたトンネルの老朽化が顕著になりつつあり、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)による交通トンネルや導水路への影響を調査したいというニーズも大変増えております。
実際に上半部(特に天端部)に空洞が存在するケースが多く見られ、その危険性が指摘されています。

私たちのトンネル点検ソリューションでは、地中レーダー探査をはじめとする複数の調査手法を組み合わせることで正確な状況を把握、交通トンネルの履工コンクリートの空洞、漏水、ヒビ、剥落剥離、ジャンカの有無をチェック、正確・迅速な健全度調査を提供します。
調査ソリューションについて詳しくみる
トンネル点検の調査手法 トンネル点検では地中レーダー探査により空洞・構造物の基礎・埋設管など目に見えない問題を非破壊で迅速に調査します。

また、地中レーダー探査だけでなく「目視調査」「打音調査」「ドリル削孔」「コア抜き」といった調査手法を複数組み合わせることで、より正確かつ多角的な調査を提供します。

「地中レーダー探査」について詳しくみる
トンネル点検/導水路調査 私たちはお客様の多様なニーズにお応えできる豊富な調査手法を取り揃えています。

それぞれの調査手法についても長年の調査で高めてきた技術と現場での調査ノウハウで、極めて精度の高い調査ソリューションを提供しています。
ジオメンテナンスは徹底的に調査精度にこだわり、日々追求・進化し続けています。
調査手法について詳しくみる
地中レーダー探査 地震大国ニッポン。
2011年の東日本大震災により、世の中の既存構造物の調査や工事着手前の地質調査などのニーズはこれまで以上に高まってきています。

私たちはこれまで、官公庁や大手建設会社様、土地オーナー様などから、数多くの調査のご依頼をいただき、多種多様なニーズに柔軟にお応えしてきました。
ジオメンテナンスが選ばれるのはなぜでしょうか?
ジオメンテナンスが選ばれる理由について詳しくみる

お問い合わせ電話番号は 047-470-8550(代表)・お問い合わせフォームはこちら

ジオメンテナンスが選ばれる理由

建築コンサル・総合建設業
官公庁の方へ

既存の構造物、新規の工事現場の事前調査、あらゆる調査ニーズに対応。

不動産会社の方へ

事前調査で管理・保有物件に「安心」という付加価値を。

不動産オーナーの方へ

お持ちの物件に「安心」という価値を。売買契約をより「円滑」に。